*****  植替え  *****


 はじめに
 
 針葉樹、常緑樹、落葉樹、観葉植物類について説明することにします。路地物や鉢物(ポット含む)の違いによっても植替え適期が異なります。

植えられている環境の違い

 ◇路地物
 地面に直接植えているもの、鉢植えにしていない物を言います。植えてから何年もたっていると、根が張っていてすぐに移植と言うわけにはいきません、植替え適期をよく把握して行ってください。また、植替え前の手入れをすることで乾燥を防いだり、根回し(掘り取らずに一度根を切っておく)を行いその後に移植するなど、植え替えを行う植物別に検討が必要です。大きな物や古木は個人では出来ないので、業者さんなどに相談すると良いと思います

 ◇鉢物
 植木鉢やポット植え等のことさします。植替え適期でなくても、根を痛めにくい為、比較的容易に植え替えが出来ます。ただ、真夏の暑い時期などは避けたほうが懸命です。鉢物の植替えは通水性に注意して土を選びましょう、水がたまると根腐れをおこして枯れてしまいます。鉢底には赤玉などを入れ、植え込みの土は培養土と土を混ぜ合わせたものをがよいでしょう!

種類による分類

 ◇針葉樹
 針葉樹とは、松や杉をはじめモミやコニファーなどの、葉が針状に尖っている種類のことで。植替え適期は、涼しい時期を好む事から早い物で10月末頃から4月くらいまでがよいでしょう。

 ◇常緑樹
 一年中葉が茂っている種類のことです。クスやカシ・モチ類がそうです。植替え時期は、寒い時期を嫌いますので、春3月末頃の暖かくなりだした頃から、梅雨明けまでと、夏の残暑が終る9月中ごろから10月中ごろまででしょう、植替えの時期が遅いと冷害を受けて枯れてしまいます。

 ◇落葉樹
 冬は葉が落ちる種類のことです。サクラやケヤキ・ハナミズキなどがそうです。葉が落ちて休眠期に入れば植え替えて適期です。11月頃から新芽が出る3月中旬くらいまでが適期です

 ◇観葉植物類
 主に熱帯の種類が多いため、春からの暖かくなりだした時期から、真夏になるまでの間が良いでしょう。鉢から抜いて、根を切らずに植え替える場合は多少時期を外していても大丈夫でが、大きい物や、ヤシ類などは注意が必要です。

植替えの土

 環境ページの中の土壌条件を参照してください。植替えの成果は土に左右されます。