*
****  緑を考える  *****








緑を見直そう!

 昔から緑に囲まれた自然の中で育ってきた人類が、ここ100年ほどの環境変化にどういった影響を受けているのでしょうか?現在では100年も前に比べ、人口は4倍以上になっているにもかかわらず、自然や緑は、だんだんと少なくなってきています。現在では技術とともに開発も進み、数十倍の速さで減少しています。このままでは100年先はどうなってしまうんでしょう?気温がこんなに高くなるのも、そのせいなのでしょうね。とても心配になってしまいます。植物には空気を浄化する能力や、熱を吸収し影を涼しくしてくれるのは、よく知られていますよね。空気清浄機で浄化できる能力は限られていますし、エアコンで室温を下げることは出来ても、熱を外に出すだけで根本的な解決にはなっていません!近い将来、植物が減り続け、人口は増加し、開発が進み続けるとすれば、ますます、気温は上昇し続け、植物が生き物に供給している酸素の量が足りなくなる。そんな未来が来てしまうかもしれません!?そうならないことを祈って、今ここでもう一度緑について考え、1人でも多くの方が緑に関心を持ってもらうだけでも、不用意に緑を無くすことが、少しでも減るのではないかと思います。『あんなに沢山あったのに』が、すでに『こんなに減ってしまった』に変わってきているのです。将来の環境をみんなで考え、大切に守っていきましょう!その為には、葉が落ちることも、隣の家の木の枝が少し出ることも、大目に見てもらえるはずですから。

*****  緑の効果  *****

  
 ここで、簡単によく知られている効果を説明します。

■ 空気の浄化 
 なくてはならない、酸素の供給源です。

■ 熱交換
 木々の陰に入ると、とても涼しいですよね木は熱を吸収してくれています

■ 視覚的効果
 見るものを楽しませてくれます

■ リラックス効果
 精神的にも、気分的にもリラックスさせます。

■ 防風
 風をさえぎる天然の材料です

■ 防火
 火事においては、水を出し火を防ぎます。

■ 遮へい効果
 目隠しになり、生垣は高さを自由にかえることが出来ます。

■ 乾燥の防止
 乾燥を防いでくれます。

■ 土壌の活性化
 微生物が土壌を活性化させます。

■ 水の浄化
 豊かな自然がつくる水は、川や海を豊かにします。


*****  水から *****

 ここ数十年で、子供の頃気軽に飲んでいた井戸水が飲めなくなってきました。なぜでしょうか? 今日では水道水に頼ることが多く、飲料水として清涼飲料水を飲む人も増えてきました。美味しい水は、木々がつくる豊かな台地でろ過され、天然のミネラル分が加わっているから美味しいのです。豊かな台地は豊かな水をつくり、豊かな川や海になり、そこに沢山の生き物が集まって来て生活しているのです。水の危険信号は、自然界のバランスが壊れてきた信号でもあります。水の豊かだと言われた我国の人たちが『水』を買っての飲むようになったのですよ!自然や緑も限りあるものと、もう一度確認して、深く関心を持って欲しいものです。一度汚れてしまった水は、汚れを取り除くことは出来ても、元に戻るにはとても時間がかかります。それに取り除いた汚れは、産業廃棄物として残っていくのです。例えば、自分たちの健康の為には、体を動かしたり、美味しい物や自然食を食べたり、美味しい水を飲んだり心掛けていますよね。それはすべて、自然の中の生活環境がこの先もずっと守られていってのお話です。一番身近で、必要不可欠な『空気(酸素)』も、忘れてはな成らない自然の恵みです。出来れば美味しい空気をたくさん吸って、健康な体でいたくないですか?最近では空気清浄機がよく使われていますが、それでは地球には小さすぎますからね。根本的なところから解決せねばいけません、それには緑や自然の力をもう一度見直さなければなりませんね。我々が出来ることを考えましょう。